LINEで送る

メタボ、尿酸値や中性脂肪値も高い人も、尿路結石が出来やすい。

シュウ酸の多い食品 結石

肉類ばかり食べていると、尿酸値や中性脂肪が高くなる。おまけにシュウ酸カルシウムも体内で生産してしまう。まあ、そんな人は健康診断でメタボで引っかかっている。

 

ここは、肉類を控えて、魚に切り替えることをおすすめする。中性脂肪を下げるには、EPAを摂取することだ。ご存知だろうが、EPAは、青魚に多く含まれる。

 

EPAを気にして、食べていれば必ず中性脂肪は下がるのである。食べるなと言っているわけだはない、食べればいいのだ。楽な事だろう!

 

居酒屋で飲む時は、焼き鳥を控え、刺身に変える。それだけでEPAは十分に取れるのだ。
しかし、うかつに刺盛りを頼むと、プリン体の多い刺身が紛れ込んでおる。

 

ここは、マグロ、さんま、アジ、さば、いわしをおすすめする。

 

EPAが一番含まれる料理法

  1. さしみ
  2. 焼き魚
  3. 煮付け

煮付けは、煮汁にEPAが流れてしまう。身より汁を飲んだほうがいいのだが、糖分取りすぎ、塩分とりすぎになるので、ここは、刺身か焼き魚だな。
特に旬な魚を食べることだ。あぶらが乗った旬な魚にEPAは、多く含まれる。

 

秋のサンマは、その良い例である。旬なさんまは、旨いからな。秋にはたっぷりさんまを食べることをおすすめする。

 

魚が苦手!

世の中、魚が苦手な人もいる。そんなオヤジは、もうサプリに頼るしか道はないな。昨今、安くて有効成分、DHA・EPAの多く含まれるサプリも多いのである。
これを利用しない手はないな。

 

なんて、ワシも中性脂肪が高い!しかし、さんまを食べEPAをとり中性脂肪を下げてのである。
このサイトに詳しく、明記してある。気になる人は、目を通してくだされ。

 

中性脂肪400以上を昼食だけで基準値に減らす方法